白井田七で対策・更年期障害で併発しやすい病気-糖尿病

糖尿病は、一度発病すると
一生付き合っていかなければならない病気です。

何と、更年期障害を発症した人は
糖尿病も発症してしまう確率が高いのだそうです。

糖尿病は悪化すると最悪の場合、
失明、足を切断、動脈硬化、脳梗塞などを引き起こすこともあります。

糖尿病はかかってしまえば治らない病気ですが、
「糖尿病予備軍」の段階でしたら、まだ間に合います。

生活習慣を見直したりして、糖尿病にかからないように
予防をしなければなりません。

ƒvƒŠƒ“ƒg

そのために、サポニンが高麗人参の7倍以上あるという田七人参が
凝縮されたサプリメント、【白井田七】が有効です。

まずは、糖尿病はどのようにしておこるのか、
また、更年期障害との関連性など、
突き詰めていこうと思います。

 

糖尿病の原因と更年期障害

糖尿病は血糖値(血中のブドウ糖濃度)が適正範囲を超えて
上昇した状態が継続し、
それに由来する様々な組織・臓器障害(合併症)が生じる一連の症候群で、
生活習慣病の一つとして認知されています。

高血糖になる原因や、合併症の出方もいろいろです。

 

更年期障害と糖尿病の関係

女性ホルモンが血糖値に与える影響は、

エストロゲンは血糖を低下させ、プロゲステロンは血糖を上昇させる
といった感じです。

更年期には、血糖値を下がりやすくする女性ホルモンである、
エストロゲンの分泌が減少するため、
膵臓の機能も低下しインシュリンの分泌量が低下します。

これにより、更年期障害には血糖が上がりやすくなり、
糖尿病を引き起こしやすくなるのです。

 

糖尿病の原因は?

主に、内臓脂肪の増加、運動不足による肥満、
遺伝、環境、ストレス、加齢、食べすぎによるものなど。

 

糖尿病はなぜおきる?

・インスリンがすい臓から分泌されない
・インスリンの量が不足している
・分泌されているのに十分に作用しない

など、様々な原因で慢性的に高血糖になるのが糖尿病です。

血糖値を下げるホルモンであるインスリンが足りなくなり、
食後も血糖値が下がらず、血糖値が常に高い状態にあると、
血液が濃くなり、脱水状態や、
糖尿病や心筋梗塞・肝硬変といった病気にかかる危険性が高まります。

健康な人の場合は、インスリンが正常に働くので、
血液中に糖が供給される速さと、消失される速さのバランスが保たれています。
ところが、糖尿病の場合は、インスリンの分泌量が十分でなかったり、
うまく働かなくなるため、
高血糖の状態が続き、尿にまで糖がでてしまうわけです。

 

糖尿病にならないためには

これをやれば絶対に糖尿病にならない!というような対策法は
今のところ無いようです。
日々の生活の中で、以下のことをできるだけ心がけましょう。

1.規則正しい食生活をする(夜食、間食はなるべく控えめに)

2. 摂取エネルギー(カロリー)オーバーしないように心掛ける
(通常成人男性では1400~1800kcal、女性では1200~1600kca程度)

3.脂肪を摂りすぎないようにする

4.食物線維を多めに摂り、いろいろな食品をバランス良く摂る

5.過食・偏食をしない

6.お酒・甘いものはほどほどに

7.体重管理をする(適正な体重)

8.ストレスをためすぎない

9.軽い運動(20~30分位)を毎日継続して行う

201312180076

異常なほど喉が乾いたり、多尿などが伴うと、糖尿病の疑いがあるので、
心配な方は、早めに受診されることをお勧めします。

 

血糖値を下げるサプリメント「白井田七」

血糖値の数値がなかなか下がらない

毎日運動することができない

食事制限がしんどい

こんな時は無理せずに、
血糖値を下げる効果のあるサプリメントをプラスしてみましょう

 

⇒ 白井田七をもっと詳しく

 

⇒ トップページへ

 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ