更年期障害(多汗、のぼせ、肩こり、頻尿、イライラ)体験談-52

更年期障害(多汗、のぼせ、肩こり、頻尿、イライラ)を乗り越えられた方の体験談です。

 

40代の半ば頃から、多量の汗をかくようになりました。

季節に関係なく、突然汗が吹き出すので恥ずかしかったです。

更年期障害 多汗
他にも、その頃から肩こりが激しくなり、
気持ち的にもイライラすることが増えました。

47歳の時に、頻尿の症状が現れました。

尿意が一日中、それも毎日続くので、
婦人科と泌尿器科の外来で診察を受けました。

診察の結果は病気からくる頻尿ではなく、女性ホルモンの減少により、
今まで以上に尿意を強く感じてしまうとのことで、
泌尿器科の先生に顆粒タイプの漢方薬を処方してもらいました。

この漢方薬は穏やかな効き目でしたが、
副作用は少なく5ヶ月程飲み続けると症状はすっかり治まりました。

のぼせに多汗、強い肩こりに頻尿・・・おまけにイライラ
ここまでそろってしまえば、更年期障害の症状であることを、
認めないわけにはいきません。

具体的に何をしたらいいのか考えました。

まずは、体を冷やさないことと
そして肩こり予防に入浴後のマッサージ

更年期障害 入浴

食べ物としては、
大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをするということで、
毎朝納豆を食べ、豆乳を飲みました。

どちらも好みの味なので、今も毎朝とっています。

サプリメントの方が簡単にとれるとも思いましたが、
サプリメントを飲んだ経験がなかったので結局飲みませんでした。

閉経は48歳と少し早めでしたが、
53歳の今は40代後半のような、重くて辛い症状はありません。

更年期障害はその時期を過ぎれば、自然と治まるものだと思います。

同世代の友人達とお互いの体調を話し情報を集め、
少しでも快適に過ごせるように、
自分に合った更年期障害との付き合い方を見つけることが大切だと思います。
user2(マコトさま 50代)

 

体を温めることって、有効なのですよね。
暑い時は大変ですが、腹巻きでお腹を温めると効果的だそうですよ。

食品で更年期障害に対処できることもありますが、
サプリメントを上手に活用することも一つの良い方法だと思います。

 

更年期障害 頻尿 イライラ 他



905703238

⇒トップページへ

 

 

 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ