更年期障害(めまい、気分の落ち込み、イライラ)体験談-56

更年期障害(めまい、気分の落ち込み、イライラ)を克服された方の体験談です。

私が「これは更年期障害ではないのかな」と感じたのは
48歳の時でした。

今まで、貧血など全く経験した事がなかったのに、
いつも、ふらふらとめまいがして、
頭がグラグラする感じがするようになったのです。

更年期障害 めまい

同時期に、なにかとてもイライラし、仕事や家事も全くやる気がおこらず、
さらに、今まで気にならなかった小さな事にも傷ついたり、悲しくなったりと、
いろいろなネガティブな事が一気に私の体に起こったようでした。

友人たちから話も聞いていましたし、まずはきちんと検査をしようと思って、
ネットで調べた婦人科へ行ってみました。

すると、検査の結果、「機能的な異常はなし」。

ただ、そろそろ閉経に近いホルモン量だと言われました。

自分でもそうなのだろうなとは思っていたのですが、
男性医師から大きな声で「閉経だねーー」と大きな声で言われた時には
とてもショックで、その晩は眠れませんでした。

更年期障害 ショック

結局、その医師からは「仕方ないよね」といった対応しかしてもらえず、
さらに具合が悪くなったとすら思いました。

でも、あまりに調子が良くなくて、周囲からも心配されたので、
友人から勧められた小さな婦人科で、
もう一回検査をしてもらう事にしました。

その婦人科はおじいちゃまの先生と看護師さん数人の、
こじんまりとしたクリニックでした。

そこで、今までの事を先生にお話ししたら、
「うん、うん。そうか。辛かったね」と言ってくださり、
本当に嬉しかったですし、それだけで安心しました。

結局、その先生からはホルモン補充療法を勧めていただき、
今はそのホルモン両方を始めて2年目になります。

おかげで、気分の落ち込みやめまいなどからも解放され、
女性としての日々も楽しむ事ができています。

更年期に苦しむ女性の皆さん、どうぞ、信頼できる医師をさがし、
出来る治療は、理解して受け、
素敵な50代を過ごしていただきたいと思います。

user2(さくらさん 50代)

 

心ない医師の言葉に傷つくことってありますよね。
メンタルな面も大事になってくるので、
信頼できる医療機関にかかることは大事ですね。

上手にストレス解消していきましょう。

更年期障害 症状

 


905703238

⇒トップページへ

 

 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ