更年期障害の症状: 腰痛、肩こりの原因と対処法とは?

更年期障害・・・腰痛、肩こりが辛い

更年期障害の症状として、多く聞かれるのが、
肩こり、腰痛などの痛みです。

この腰痛、肩こりですが、どのようなことが原因で起こるのでしょうか?
ホルモンバランスだけではない、とは一体・・・?

更年期障害 肩こり

 

腰痛、肩こりの原因とは?

重たい頭部を支えている肩や、上半身全体を支える腰まわりには
大きな負担がかかっています。

さらに日常的に姿勢が悪かったりすると、筋肉が硬くなってしまいます。

筋肉の硬化が血管や神経の圧迫を招き、
末梢神経にまで影響を及ぼすことになります。

腰痛や肩こりの最大の原因ともいえるのが姿勢です。

日ごろから背中が丸く猫背気味の人や、長時間デスクワークをしたり読書を続けた場合、
腰や肩の筋肉がカチカチになってしまうのです。

筋肉中の血管は圧迫されて血行不良となり、血液は酸素不足となります。

血行が悪くなった血管内では、疲労物質である「乳酸」が溜まります。
これがさらに筋肉の効果を増幅させるという悪循環を生み出します。

机に向かう作業だけでなく、運転をはじめとした緊張を伴う動作が続くことも
原因となります。

また単に運動不足であったり、寒さのせいで筋肉が収縮してしまうことも、
肩こりや腰痛につながります。

また日中だけでなく睡眠中も要注意です。

枕やマットレス・布団など寝具が適していない場合、
首や肩、腰まわりに負担がかかってしまいます。

筋肉が硬くなったり乳酸が蓄積されることによって、
付近の末梢神経は強く圧迫されてキズが付くこともあります。

痛みを脳に伝達する末梢神経がキズ付くことにより、
その箇所にコリや痛みを感じることになります。

 

辛い腰痛・肩こり、私たちにできる対処法とは?

このような肩こりや腰痛の一番の対策は、何よりもまず姿勢の改善です。

背骨を自然な形状に保ちながら、長時間同じ姿勢のままにならないように注意しましょう。

また日ごろから肩や腰まわりの柔軟性を高めるための
ストレッチを取り入れるとよいでしょう。

さらに骨や筋肉を鍛える運動や、カルシウムの摂取などを心がけることも大切です。

もちろん寝具選びも大切になります。
脊椎や体全体に負担のかかりにくい寝具で、ぐっすりと質の良い睡眠を取ることが重要です。

また過度な体重も負担となりますので、日ごろから食生活には十分注意しましょう。

ハイヒールや足に合わない靴を変えるだけでも負担が軽くなります。

背筋がピンとしていれば、若々しく見えますし、一石二鳥ですね。
姿勢が悪い(背中が丸い)と、とても老け込んで見えてしまい、損です。

 

血行を良くすることも

血のめぐりを良くして、血行を良くすることも、
腰痛・肩こりには有効です。

日頃から適度な運動をして、ゆっくりお風呂に浸かるなどして、
血行をよくするように心がけましょう。

 

血行をよくするには

サポニンが高麗人参の16倍もあるという、「白井田七人参」でできているサプリメント、
「白井田七」がおススメ!

腰痛、肩こりをはじめ、諸々の更年期障害の改善には
これがイイ!と評判です。
↓ ↓ ↓

更年期障害 サプリメント

 
⇒トップページへ

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ