更年期障害(汗、ホットフラッシュ、めまい、イライラ、倦怠感)体験談-63

更年期障害(汗、ホットフラッシュ、めまい、イライラ、倦怠感)を
克服された方の体験談-その63です。

 
私は43才くらいからだんだん、わかるくらいに顔も汗ばんできたり、
ホットフラッシュや軽いめまい、偏頭痛とかやってきました。

更年期障害 ホットフラッシュ
 
更年期障害とは医学的に厳密に言えば、
本来は39才頃から徐々になるものらしいです。

私はよく車を運転するもので、
更年期障害の薬を常用してると眠くなったり、
副作用があったりしたらいけないから、とにかく、
栄養をとって症状を軽くする方法でやってみました。

更年期障害というのは、
女性ホルモンの中のエストロゲンが減少していくことにより、
体の中のバランスが崩れて、だんだんん調子が悪くなっていく
もののようです。

そこで、エストロゲンに似た大豆イソフラポン、人参、マカをなどを摂ることで、
エストロゲンに似ているため、細胞や脳が勘違いして、
パズルのように(欠けたところに)合わさってくれて、
更年期障害の症状がものすごく楽になります。

私はとにかく、大豆製品をよく摂りました。
普段食べる大豆製品の量の3倍は、毎日何かで摂ります。

例えば冷や奴の豆腐なら、1日一回の人は2個、朝と夜食べるとか、
コーヒーとか牛乳には、必ずきなこを入れてよく混ぜて飲むとかです。

少しでも忘れると、すぐにまたイライラしたり、やる気がなくなったり、
何でも面倒になったり・・
更年期障害の症状がいろいろ出てしまうのですが、
そういった食品を食べるとおさまります。

(気持ちの問題もあると思いますが)

それと、普段からジュースは人参ジュースを飲むなどしています。

更年期障害の対策として、マカのサプリメントがありますが、
ずーっと飲み続けるにはちょっと家計がきつい…という場合もあります。

マカはどうしても無いといけないという物でもないので、
私はとにかく、大豆製品を欠かさずたっぷり食べています。

更年期障害が改善されていくのは自分ですぐにわかります。

喉が沸騰したヤカンみたいに熱くなるなどは、すぐに引いてくれるので、
これだったら生きれる…と思い、ホッとしますよ。

大量にかいた汗のため何回も顔も拭いていると、
外に出ることも億劫になります。

だから、衛生を保てるように、重曹水のスプレーなんかを持ち歩いておくと、
あちこち汗臭いのがすぐ消えます。

(更年期障害特有のドロッとした汗は臭いが気になりますからね・・・。)

重曹水は、自然の物で飲んでも大丈夫だから、とにかく便利ですよ!

 

更年期障害の対策として、人参ジュースも良いようですね。
臭いが気にならなくなる重曹水スプレー、いいですね。
私も最近、脇汗がすごいので使ってみようと思います。

111.64.185.48876

 


905703238

 

⇒トップページへ

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ