更年期障害(イライラ、のぼせ、汗)体験談-66

更年期障害(イライラ、のぼせ、汗)を体験された方にお話をお聞きしました。

 

私は40代前半で無月経になり、ホルモンバランスの崩れから
更年期障害が訪れました。

イライラはもちろんのこと、
頭がカーッと熱くなるのぼせに悩まされました。
をかきやすく、顔が赤くなり、恥ずかしい思いをしたものです。

更年期障害 汗 のぼせ

特に夏は出かけるのが憂鬱で、引きこもりがちになるぐらいでした。

汗でメイクは崩れますし、人混みではイライラして
楽しむことができませんでしたから。

その頃は人から誘われても症状を気にしてしまい、断ることが多かったです。

そのような更年期障害症状の改善と無月経の治療のため、
低用量のピルを試すことにしたのでした。

しかし飲み始めた途端、
症状が悪化し吐き気にも悩まされる事態になってしまいました。

精神的苦痛も大きく、担当医と相談してピルは中止することに。

その後、穏やかに体質改善を図るべく、
更年期障害にも良いとされる漢方薬の服用にチェンジしました。

最初に試したのは「加味逍遙散」というもの。

イライラに効果があるということで飲み始めました。

しかしてき面に効果が現れるという訳ではなく、
気休めで飲んでいた状態でした。

漢方薬はなかなか体質に合ったものに出会えない、
というのが常識のようです。

そんな時、たまたま担当医が変わり、
「温経湯」をすすめられました。

ちょうど手元の薬が切れていたので、変更することにしました。

これも気休めだろうと飲み続けていたところ、
月経が来るようになったのです!

ホルモンの値も安定し、安心できるようになりました。

この漢方薬のおかげか、更年期障害特有の
イライラやのぼせも減り、
自分の体質に合ったものに出会えたのかな、と感じています。

しかし漢方薬の力だけではなく、
仕事やプライベートの環境の変化も大きかったです。

更年期障害は周囲の協力と理解が本当に必要なのだな、
と実感しました。

今悩まされている方は、
更年期障害は、ホルモンバランスと心が大きな関わりを持っている
ことを忘れないでください。

更年期障害を薬だけで治そうとせず、
自分の精神的ストレスを減らし、改善へ
繋げてくださいね。

更年期障害 40代50代(リリーさん 40代)

 

漢方って、そんなに個人差があるのですね。
即効性はないけれど、じんわりと聞いていく感です。
体にやさしそうですね。

 

更年期障害の諸症状に
よく効くと評判のサプリメントはこちら
↓ ↓ ↓ 
111.64.185.48876


905703238

 

⇒トップページへ

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ