更年期障害(イライラ、ほてり、多汗)体験談-69

更年期障害(イライラ、ほてり、多汗)を克服された方の体験談です。

私の場合、更年期障害と思われる最初の症状は、イライラでした。

わけもなく色々な事に対して腹が立ち、
夫婦喧嘩も頻繁におこるようになったり、子どもともぶつかる事が増えて
ちょっとおかしいなと思い、更年期障害を疑い始めたのが、
ちょうど私が46歳ぐらいの時でした。

このイライラの症状は、
趣味などの楽しい事に集中しているときには全く起こらない症状でしたが、
暇な時間がぽっかりできると、強くイライラ感が戻ってきているようでした。

更年期障害 イライラ

やがて48歳を過ぎる頃には、イライラの症状は徐々に治まってきましたが、
変わりに、重度の”ほてり”の症状が始まりました。

夜中でも熟睡していても、急に身体がカーッとしてきて、
汗がびっしょりになった状態で目が覚めて、
そしてその後は朝方まで眠れなくなる

といったことが繰り返されるようになりました。

今思い出しても、ほてりは本当に辛かったですね。

当時、ほてりが無い時などありませんでした。

外出していても、頬っぺたが赤くなっているのではないかと
錯覚するぐらいに熱くなっており、
冬でも額やワキにもびっしょりと汗をかいてしまうほどの重症さでした。

更年期障害 ほてり

ちょうどその頃から私は友人から、ほてり改善に効果があると勧められた
白井田七を飲み始めました。

これは、田七人参という自然の生薬が主成分の漢方サプリメントなので、
副作用も無いようだし、更年期障害用のサプリメントとして
気軽に毎日続ける事が出来ました。

白井田七には即効性は無いものの、1ヶ月ぐらい飲み続けているうちに、
確かにほてりがある時間が短縮されてきたのを実感しました

ほてりが軽くなると、私の更年期障害の度合いも随分楽になり、
そしてついに驚くべき事に、51歳になるころには、
これといった諸症状は全てなくなったのです

51歳と言う年齢は、まだ更年期障害の時期の真っ只中なはずですから、
不快症状が全くないのは、この漢方サプリメント、
白井田七のお陰に他ならないと 感じています。

今現在はすっかり症状がおさまって、快適な更年期を過ごしています。

更年期障害 40代50代(nyantaさま 51歳)

 

汗・・・、以前よりも多くかくようになりましたね。
いよいよ更年期障害か~と思いますが。

今まではキラキラの夏が好きでしたが、
今や、汗ダラダラなので暑苦しいだけなんです・・・。

 更年期障害の諸症状に
よく効くと評判なのはこちら
↓ ↓ ↓

111.64.185.48876


905703238

 

⇒トップページへ

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ