更年期障害(多汗、倦怠感、むくみ、ホットフラッシュ、動悸、イライラ)体験談-73

更年期障害(多汗、倦怠感、むくみ、ホットフラッシュ、動悸、イライラ)を克服中の方の体験談です。

40代になったばかり、まだ更年期障害など
気にもしていなかった時に起こったことです。

変化に気がついたのは「汗」
サウナに行ってもなかなか汗をかかないほどの自分が、
流れる汗が出てきたのです。

更年期障害 汗

最初は、これは新陳代謝が良くなったのかしらと喜んでいたのですが、
朝起きると鉛のように重たい身体。
熱っぽさがあるものの、体温計はいつでも平熱でした。

そして足のむくみ、女性なら誰でも悩むことでしょうが、
それにしても靴のサイズが1センチ大きくなるのは尋常ではないと
思いはじめました。

更年期障害 足むくみ

内科、神経内科、婦人科と半年をかけてかかるうちに、
若年性だけど更年期障害だと言われました。

正直、更年期障害と診断されたことがショックで、
症状以上に落ち込みました。

確かにホットフラッシュと言われるような、顔が熱くなる症状や、
心臓がドキドキする症状、そして言葉にできないイライラ
後で聞くと、空が青いことにイライラするというそうですね。
そんな日々でした。

一言で更年期障害とはいえ、自律神経失調症という診断も受けました。

ただ、一般的に言われる更年期障害の症状にあてはまっていたので、
婦人科を主治医として治療をはじめることにしました。

あまりにも辛いようであれば投薬になるけれど、と医師と相談しましたが、
自分の年齢的なこともあり、更年期障害のお薬を処方していただくことには
抵抗がありました。

そこで、プラセンタ注射を打ってもらうことになりました。

週に1度、保険適応でしたので600円程度でした。

更年期障害 プラセンタ 注射

注射はとても威力があり、打ってから数日、
とても身体が楽になるという実感がありました。

ただ通院しなければいけないという時間的な問題もあり、
市販のプラセンタサプリを併用することにしました。

少し量が多いと、胸が張る感じや、
体臭が気になるなどの難点がありますが、
全体的にはこれに助けられ1年が経ちました。

落ち着いてきましたが、まだ更年期障害が終わったわけではなく、
現在も闘病中です。

ただ、この時間を苦しむだけの時間にはしたくないので、
できるだけ遊ぶ、楽しむということを中心に考えるようになりました。

なんとも言えない、
風邪のはじまりのようなじわっとした症状がずっしりと続く、
本当に女性として辛いことですが、
今のところはプラセンタのおかげで平常心を保つ事ができています。

更年期障害 40代50代(まる様 40代)

 

プラセンタも更年期障害に良いのですね。
ついでにお肌もキレイになりそうな・・・。


111.64.185.48876

 


905703238

⇒トップページへ

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ