更年期障害の症状 ~ 手足のしびれ

手足がしびれる感じがする・・・

更年期障害にもいろいろな症状がありますが、手足のしびれもその一つです。
なぜ更年期になると手足がしびれるのか、その理由と対処の仕方を紹介します。

 

  • 手にもう1枚皮をかぶったかのような皮膚感覚がある
  • 物を持つ感覚がない
  • 何となくピリピリと痛い
  • 自分の意思と関係なく指や手が動く

 

このような感じがありますか?
こういった症状が、更年期障害からきていることがあります。

 

更年期障害 しびれ

 

更年期に差し掛かると、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少し始めます。

 

エストロゲンは女性らしさを保つためにも欠かせない物ですが、肌のハリや弾力にも影響を与えます。

 

年齢とともに老化が進むので、肌のハリや弾力も低下していきますが、エストロゲンが減少すると健康な肌を維持する事ができなくなり、皮膚が薄くなっていきます。

 

年齢を重ねるにつれて体の水分量も減少していき、乾燥が進みます。
皮膚が薄くなり乾燥する事で、肌が敏感になり、今までは問題なかった刺激にも敏感に反応するようになり、手足のしびれという症状が出始めるのです。

 

ただし更年期障害の場合は、一生続くわけではありません。更年期が終われば更年期障害も徐々に解消されていきます。

 

ただし、手足のしびれは更年期障害だけとは限りません。
中にはリウマチや膠原病が原因で起こる、手足のしびれもありますから、気になる方は念のため病院で見てもらう事をおすすめします

 

更年期障害の手足のしびれ対処法とは?

 

更年期障害の手足のしびれは、血行を促進させ基礎代謝を高める事で対処できます。

 

年齢とともに基礎代謝も低下していきますので、運動をして適度に筋肉をつけておきましょう。

 

適度な筋力があれば、軽い運動(ウォーキングやストレッチ)でも十分に代謝を上げる事ができます。

 

更年期障害 ウオーキング

 

体の中から働きかけるには、食事も欠かせません。

 

いつも言われますが、バランスの良い食生活が大事です。
ビタミンCは血管を丈夫に保ちますし、ビタミンEは血液の流れを良くしますが、
それ単体では働かないので、ビタミンも総合的に摂るようにしなければなりません。

 

体の芯が冷えていると、手足のしびれも強く出ます。
お風呂に入る時はぬるめのお湯にゆっくり浸かり、体の芯まで温めるようにしましょう。

 

血行不良は冷えの原因にもなりますが、末端は特に血液が行き届かなくなるのでしびれをひどくします。

 

手足のしびれに対処する場合に体を温める時は、表面よりも体の芯を温める事が大切です。

 

しびれが一時的なもので、しばらくすると治まるようでしたら心配無いと思いますが、症状が長く続く場合は、脳の病気や慢性関節リウマチ、首や腰の骨の変形が疑われますので、病院で検査を受けるようにしましょう。

 

更年期障害 サプリメント

 

⇒トップページへ

 

 

 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ