美魔女も怖い「閉経」・・・あさイチ「女のホケン室」-その2 ・ どうなったら閉経?

6月22日放送の、NHKの番組 あさイチで、
「女のホケン室 なったらどうする?閉経」というタイトルでの
放送がありました。

今日はその2として、「どうなったら閉経?」についてレビューします。

前回の記事はこちら
←  美魔女も怖い「閉経」・・・あさイチ「女のホケン室」-その1

 

閉経?病気?48歳主婦A子さん、46歳からある異変が・・・

番組では、48歳主婦の女性の話で、
46歳からある異変が・・・、それは生理周期の異変。

生理が今まで25日周期だったのが、2週間周期になり
はじめは病気かな?と思ったけど、
これが閉経に近づいていく乱れなのかと感じたというのです。

いつ生理が始まるのか、また止まってしまうのか、
わからなくて戸惑ったそうです。

そして、生理1日目に大量出血

更年期障害 女性 驚く

仕事中、違和感がありトイレに駆け込んだら、
股のあたりが濡れている状態に。
ダーッと出血多量になるぐらいの出血量で驚いたそうです。

あわててトイレに駆け込み、トイレットペーパーをショーツに当てて
応急処置。
仕事を早退して、車のシートにバスタオルとレジ袋を敷いて
帰宅するほどの出血。

これからどうしよう・・・という思いで、
その後は、イザという時のために生理用品を持ち歩き・・・。

ところが、半年以上生理が無い状態。

これは閉経?病気?・・・不安でいっぱいに

 

産婦人科女医の先生が言うには、
これはわりと典型的なタイプでよくあることだそうです。

女性ホルモンは低下していきますが、一直線に低下するのではなく、
波打ちながら低下していくので、多くなったり少なくなったり、
周期もまちまちになったりする。

 

どんな風に閉経していくの?

私たちは、どんな風に閉経していくのでしょうか?
実は閉経のパターンはいろいろ。

お別れのカタチ:

・  突然さよならタイプ
・  フェードアウトタイプ
・  きまぐれタイプ

 

一番多いのは気まぐれタイプ、最終的にはフェードアウト」
なのだそうです。

◆ 目安は・・?

40代に入ると女性ホルモンが低下しますが、
典型的なこのようなタイプになってくるのは40代後半。

 

◆ よく、初潮が早い人は閉経が早いと聞きますが・・・

それは大間違い。
初潮が早い=卵巣の機能が良くてホルモンの分泌がされていて、
遅くまで通常あります。

逆に高校生くらいで初潮が来た人は、卵巣機能が弱いので、
早めに終わります。

 

◆ どうなったら閉経って認識すれば良い?

一年間以上来生理が無いことが閉経。

実は、その時にはわからない。
「一年なかった・・・あの時が閉経か・・・」と後で分かる感じ。

更年期障害 女性 考える

 

◆ だいたい何歳くらいに閉経するもの?

平均で、50歳~52歳

 

◆ 28日周期だったのが24日周期に。これも前兆?

そうです。最初、周期が短くなって、それから間があいてが時々入って、
それから閉経にというパターンが多いです。

 

◆ 半月ほど微熱が続いており、生理不順があり・・

これは更年期症状の一つで、体温調整が上手くいかなくなっていること。
閉経をはさんだ10年が更年期なので・・・。

 

*********

 

更年期障害が閉経をはさんだ10年!とみんなビックリ。
あまり知らなかったようですね。

それから、閉経年齢は、自分の母親と似るのだそうです。
是非、お母さんに閉経の時の状態を聞いてみましょう。

 

ホルモン剤の使用をお勧めしていましたが、飲んでも本当に大丈夫?

番組で、女医さんが、私たちぐらいの女性は、
ホルモン剤を使用することをお勧めしていました。

「いつまで使用するんですか?」という有働さんの問いに対して、
「死ぬまで」

なのだそうです。

ホルモン剤にもいろんなタイプがあるので、その人にあったカタチで、
飲み続けるのが良いようです。

具体的には、50歳くらいまで低容量ピルで、
その後は補助の薬に切り替えていく形で。

更年期障害 ピル

有働さんが以前アメリカでお仕事をしていた時に、
年代の女性達はみんなピルを使用していて、
「あなた使っていないの!?」と驚かれたそうです。

それほどまでにアメリカではホルモン剤の使用は普通なのだそうです。

確かにピル(低容量ピル)は、避妊だけではなく、生理周期を整えたり、
体の調子が良くなったり、肌の調子も良くなったりするので、
そんな魔法みたいな薬、副作用があるのでは?

という質問に対しては、

副作用があるとしたら、血栓ですが、頻度が高いものではありません。

乳ガンになってしまった人は使えないけど、
ほとんどの人は、適量を適宜使えば問題ないです。

ということでした。
そういうことなら、早速飲み始めようかなと思った私でした。(次回へつづく)

 

プラセンタ

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ