美魔女も怖い「閉経」・・・あさイチ「女のホケン室」-その3 ・ 意外に多い尿もれ

6月22日放送の、NHKの番組 あさイチ見ましたか?
「女のホケン室 なったらどうする?閉経」

あさイチ女のホケン室1

ゲストは閉経前年代の、
益子直美さん、杉本彩さん、城之内早苗さん。

今日はその3として、「意外に多い尿もれ」についてレビューします。

前回の記事はこちら
←美魔女も怖い「閉経」・・・あさイチ「女のホケン室」-その2 ・ どうなったら閉経?

 

閉経後に尿もれする人が多いって本当?

 

A子さん(54歳)は8か月ほど生理がありません。

ママさんバレーでアタックをした時、着地したらじわっと何かが。
もしや生理?と思いトイレに駆け込むと、おしっこが出ていました。
尿もれだと最初は思わない。

閉経だから尿もれしちゃうのかな・・・と不安感・焦る気持ちになったそうです。

準備運動でランニング中、「あれ?」と思いトイレに駆け込むと、
おしっこがもれていました。

閉経 尿もれ

これはやっぱり尿もれだと思って、すごく憂鬱な気持ちになり、
動いたらすぐ尿もれするんだったら、やっぱり走りにも行けない、行くのが怖い。
気後れするようになりました。

尿もれするようなおばあちゃんがいてはいけないという気持ちになって、
尿漏れの恐怖心からママさんバレーをやめてしまいました。

閉経で尿もれするとは知らなかったとのことなのですが、
知らない人の方が多いかもですね。

益子さんは「バレーやめなくても・・・」と言っていましたが。

あさイチ女のホケン室33

 

閉経後に尿もれする・・・女医さんからの説明

 

閉経と尿もれの関係について

膀胱・子宮・直腸をハンモックのように支えているのが、
「骨盤底」という部分。筋肉で出来ているが、

・ 出産で大きく痛む

・ 40歳ぐらいで筋肉量が減ってくる

・ 閉経で女性ホルモンが減ると自律神経が乱れて、
   膀胱の出口が開きやすくなる=ちょっとした負荷でもれるようになる。

・ 50歳から増えてくる

因みに、男性も同じだとか。

でもこれは、「骨盤底筋トレーニング」を毎日することで治せるそうです。

 

骨盤底筋トレーニングのやり方

1. 肛門をキュッとしめる

2. 尿道と膣をキュッとしめる

3. 最終的に両方をしめて、上にグッと持ち上げて5秒ぐらい維持して緩める

簡単な動きっぽいですが、ちゃんとできているかどうか心配・・・。

 

筋肉にちゃんと力が入っているか確かめる方法

1.  湯船で全身リラックスして、指を膣に入れます。

2. 中指と人差し指、第2関節ぐらいまで入れて、肛門と尿道と膣をギュッとしめて、
上にグッと持ち上げます。

3. その時に、指をギュッと上に持ち上げられると正しい筋肉の収縮

まず自分が触って、自分の筋肉がどうなっているかを確認しましょう。

自分の体をよく知るために、ちょっと怖いけど、
やった方が良いそうです。
 

 

普通のスポーツの中で、この筋肉が鍛えられるものとは?

ゆっくり動く ヨガ、ピラティスなら、この筋肉が鍛えられます。

 

トレーニングをする人・しない人ではどのくらい違いがあるの?

これは医学的に有効な方法で、
このトレーニングをしっかりやっていれば、8割~9割、尿もれがありません。

漏れるようになっても、このトレーニングをすれば、元に戻ります。

予防のためには1日1回。
治療するためには1日3回。

 

尿もれ以外の病気につながる・・・?

最初は尿もれでも、歳をとってくると、
膣から膀胱とか直腸が出てくる、「骨盤臓器脱」という病気になることも。

骨盤底筋トレーニングは、この「骨盤臓器脱」の予防にもなるので、
やっておいた方が良いでしょう。

次回は、こちらも意外と多い、「性交痛」についてです。(つづく)

 

プラセンタ

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ