更年期障害と深い関わりのある【骨粗鬆症(骨粗しょう症)】

更年期障害は骨粗しょう症を引き起こす?

女性は、40代後半から骨密度が低下していきます。この年代はご存じの通り、更年期障害が発症しやすい年齢です。

 

それに伴い、骨粗鬆症を引き起こす場合が多いのです。

 

更年期障害 骨粗しょう症

 

更年期障害による骨粗鬆症の原因は、女性ホルモンであるエストロゲンの急激な減少によるものと考えられます。

 

エストロゲンには、骨密度が減るのを抑える働きがあります。

 

更年期障害によるエストロゲンの減少で、軟骨や関節周辺の筋肉が衰え、血行不良になり、新しい骨に生まれ変わるサイクルを狂わせます。

 

それにより、健康な骨を維持することができなくなり、関節痛を伴い、骨粗鬆症になるのです。閉経後に特に多くなります。

 

更年期障害 骨粗しょう症

 

更年期障害による骨粗鬆症の対処方法

更年期障害による骨粗鬆症の対処方法として、骨を健康に保つには、カルシウムの摂取が欠かせません。

 

カルシウムの多い小魚や牛乳などを積極的に摂取しましょう。

 

また、ビタミンB、C、Eやコラーゲンなどを摂取することで、血行を促進し、骨や関節を守ることができます。

 

カルシウムといえば、すぐに思い浮かぶのが牛乳だと思いますが、近年、牛乳を良しとしない意見も多数出てきています。

 

「牛乳は錆びた脂」

「牛の乳を人間が飲むのは間違い」

「牛乳を飲むとカルシウムが奪われて骨粗鬆症になる」と否定的な声も聞かれます。

 

牛乳を多少に摂取している海外の国では、骨粗しょう症が多いとも言われますが、現時点で、牛乳が骨粗鬆症を引き起こす説は、化学的には立証さされていないとのことです。

 

むしろ、牛乳を飲むことでカルシウムを摂取することにつながり、骨粗鬆症の予防に効果が高いという報告が多いとのことなので、安心して牛乳でカルシウム摂取をしましょう。

 

関節は、冷えると痛む性質がありますので、極力冷やさないようにしましょう。

 

炎症を起こしている場合には、冷やします。

 

適度な全身運動をすることをおすすめします。

 

筋力をアップさせるとともに、血行を促進することで骨の新陳代謝が活発になり、更年期障害による骨粗鬆症の症状の予防や軽減になります。

 

足の関節に負担がかかる場合は、プールを歩くことがおすすめです。

 

更年期障害による骨粗鬆症に良い食べ物は、カルシウム、ビタミンDです。これらは、骨と関節を丈夫にしてくれます。

 

私は牛乳が嫌いで、小魚などもあまり食べることが無いので、骨の健康をどうしようかと思っていたのですが、こちらで更年期障害・骨粗しょう症の対策を始めました!
↓ ↓ ↓ 
【更年期障害にエクオール】副作用など本当に大丈夫?

 

更年期障害 サプリメント

⇒トップページへ

 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ