更年期障害-(集中力・気力の低下、気分の落ち込み、体調不良)体験談-128

更年期障害(集中力・気力の低下、気分の落ち込み、体調不良)の方の体験談です。


 

私には一回り年が上の仕事仲間がいます。

 

その方とは10年以上の付き合いで、いつも元気でバイタリティに溢れていたのですが、50歳を過ぎた頃から集中力がなくなり、打ち合わせ中も人の話を聞いていないような状態が続きました。

 

お父上を亡くしたばかりなので、それが原因だろうと思っていたのですが、半年過ぎた頃増々ひどくなり、本人に「何か悩みでもあるんですか」と尋ねました。

 

その方は言うには、全く元気がなく、何もやる気が起きない、もしかしたらうつ病になったのかもと。

 

更年期障害 うつ病

 

弱音を吐いたことなどない人なのに、感情的になって大泣きしたので、びっくりした次第です。

 

その頃私はまだ40歳になったばかりでしたが、母が更年期の頃、かなり辛そうにしていたのを思い出し、「もしかしたら更年期障害かもしれませんよ」と伝えました。

 

本人はいつも元気なので、まさか自分が更年期障害になるとは思っていなかったようでした。

 

全く何の心構えもなく、更年期対策には何をしたらいいのかと、こちらが逆に聞かれてしまいました。

 

私は親戚の看護師から紹介された医師をその方に教え、早速そこに通い始めました。

 

そのクリニックは薬の治療もするのですが、心療内科も充実していて、かなり細かい話まで聞いてくれたようです。

 

それまでは、何故心身共に不調なのだろう、何故仕事で失敗ばかりするのだろうと悩んでいたのですが、ドクター(女医)に話を聞いてもらううちに気持ちが軽くなったみたいでした。

 

話を充分聞いてもらい、治療法についても細かく相談し、薬を服むことにしたようです。

 

週に一度の心療内科と薬の服用のお陰で、一年後には以前のような明るさを取り戻しました。

 

更年期障害 疲労感 倦怠感

 

日頃元気な女性は自分の年齢を忘れがちですので、50過ぎてもまだまだ若いと思っているみたいです。

 

特に、冷えやのぼせなどの身体的なダメージが出ない人は特に更年期は意識せずに生活しています。

 

だけど、ある程度の年齢が来れば、誰でも何かしら支障が出てきますので、不安になる必要はないと思います。

 

母の頃に比べれば、お医者様やクリニックは充実していますし、その人に合った薬もサプリメントもあります。

 

私は、その方の経験を間近に見て、手助けしてきたお陰で、自分が更年期に突入した時には何の恐れもなく、すぐにお医者様に相談しました。

 

更年期障害は治らないものではないので、いつか抜け出すことができますから、親身になってくれる話し相手さえいれば、あとは時間が解決してくれます。

 

更年期障害 40代50代 ( マカロン様 40代後半)


 

私も、いつまでも若い気持ちでいたのですが、やはり年齢にはかないませんね。
でも、更年期をできるだけ快適に過ごしたいものです。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>更年期障害(めまい、吐き気、疲労感)体験談‐127

>>>更年期障害(疲労感、頭痛、肩こり、ホットフラッシュ、イライラ)体験談-126

>>>更年期障害(頭痛、腰痛、イライラ、気分の落ち込み、だるい、動機、息切れ)体験談-125

>>>更年期障害(ホットフラッシュ、冷えのぼせ、眠気、めまい、むくみ)体験談-124

>>>更年期障害-(多汗、情緒不安定、ほてり、睡眠障害)体験談-109~123

>>>更年期障害・体験談-1~86

 

* 使ってみて良かったサプリランキング *

 

⇒トップページへ

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ