更年期障害(10年かかりました)体験談‐145

いつかは終わると言われる更年期障害。
そうはいっても、症状が出ていると毎日辛いですよね・・・。

 


 

更年期が始まったのかな、と思ったのは40代半ばだと思います。

 

なんとなく気分がすぐれない、体がだるい、これといった理由も思い当たらないのにイライラした気分が続くので、更年期障害なんだろうと思っていました。

 

それからというもの、段々体調が悪く成りました。

 

朝、起きたら直ぐに眩暈や、吐き気、頭痛がして鎮痛剤を飲んでからでないと家事が出来なくなりました。

 

何でもない時に急に顔がほてりだして、汗が噴き出してくるようになりました。

 

更年期障害 ホットフラッシュ

 

レジでお金を払っている最中とか、顔見知りの人と話をしている途中とか普段なんでもなくしていたような時に、周りの人が誰も汗をかいてないのに自分だけが汗だくに成り、恥ずかしい思いをしました。

 

人前で字を書くときも、手が震えて、やはり顔汗が酷くて中々字が書けなくて、悲しく成りました。

 

私の母親は更年期障害は経験が無くて、私が相談しても全然気持ちが分からないみたいで「何時も汗をかいていて恥ずかしいね、何がそんなに暑いのかね。」と、言いました。

 

その時は本当に悲しかったです。家に閉じこもりがちに成りました。

 

見かねた主人が、「命の母」という薬を買ってきてくれました。その薬を飲んで具体的に何処がどうこう良くなったとは言えないのですが、今日は薬を飲んだから大丈夫。という気の持ちようと言いますか、御守りみたいな感じで飲んで居ました。

 

それと、家族が気にして見て居てくれていると思うと今は更年期障害だからきっと何時かは治る日が来るからゆっくり、やれることをしていこうと思えるようになりました。

 

更年期障害 

 

同じ年頃の友人たちと会って悩みを話し合うようになると、皆、つらい思いをしていて、愚痴をこぼしたり励ましあったりの繰り返しでしたが、外出して人と話が出来るようになり気持ちも少しづつ楽に成りました。

 

更年期から抜けたかなと、感じたのはごく最近のことです。

 

10年近くかかりましたが、人生の先輩方に「何時かは終わるから、その時を楽しみにね。」と励ましていただいたこと、私自身も更年期で苦しんでいる人の気持ちが分かって上げられること、何時かは楽に成れるからね。と話してあげたいです。

 

更年期障害 40代50代 (まろまろ様 50代後半)


 

理解してもらえないと悲しいですが、家族の協力があれば、乗り越えられますね!

サプリメントなど併用すれば、もう少し快適かもしれませんね。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>更年期障害(始まりはこんな感じ)体験談‐144

>>>更年期障害(だるい、集中力低下、冷え)体験談‐143

>>>更年期障害(ホットフラッシュ、多汗、耳なり、だるい)体験談‐142

>>>更年期障害(ほてり、ホットフラッシュ、多汗)体験談‐141

>>>更年期障害(多汗、睡眠障害、気分の浮き沈み)‐109~140

>>>更年期障害・体験談-1~86

 

* 使ってみて良かったサプリランキング *

 

⇒トップページへ

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ