エクオールは食品で摂るかサプリで摂るか、どちらが効果的?

エクオールを、食品で摂るかサプリで摂るか

 

 

結論から言うと、エクオールの効果を実感するには食品で摂るよりサプリで摂った方が効果的です。

 

その理由として挙げられるのは、エクオールは誰でも体内で作れるものではないということです。

 

エクオールは大豆イソフラボンの一種であるダイゼンが、腸内細菌のエクオール産生菌で代謝されることによって作られます。

 

エクオール 腸内フローラ

実は、このエクオール産生菌は誰でも持っている菌ではなく、欧米人だと20%~30%、日本人は50%~60%の人しか持っていないのです。

 

しかも食生活の欧米化や大豆食品の摂取が減っていることなどの原因によって、近年では若い人ほどエクオール産生菌を持っている人が少なく、10代や20代だと所持率はなんと欧米人と同じ20%程度となっています。

 

ちなみにエクオール産生菌が不足するのは、腸内環境の悪化や食物繊維不足が原因ともなるので、年齢に関わらず菌は減少していると言われています。

 

こういった結果を見ると分かりますが、エクオールを摂取するために大豆イソフラボンを頑張って摂取しても、エクオール産生菌がないせいで作れていない人はかなり多いのです。

 

これではいくら大豆食品を食べてもエクオールは作られませんから、結果的には摂取できません。

 

ですが、エクオールが作れないとしても大豆食品を摂取するのはムダということでもないのです。

 

何らかの形でほぼ毎日大豆を食べている人と、ほとんど食べない人のエクオール産生能を調べてみると、毎日食べる人は食べない人の2倍もの産生能があります。

 

大豆イソフラボン エクオール

 

つまりエクオールは摂取できませんが、大豆を食べることで産生能を高められる可能性があるので、積極的に食べるようにしましょう。

 

ただ、効果を考えてエクオールを確実に摂取するにはサプリを利用する方法が一番です。

 

サプリならエクオール産生菌の有無に関わらずエクオールを摂取することができますから、エクオールが持つ効果もしっかり得られます。

 

体内で作られているかいないか分からない状況では、エクオールの効果は得られません。

 

ですのでエクオールはサプリでしっかり摂取して、エクオールを作れる体に整えるために大豆食品を適度に食べるというのがおすすめです。

 

今一番売れている「エクオール」サプリはこちら
↓ ↓ ↓ 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>更年期障害でお悩みの方は、「エクオール」を試してみては?

>>>エクオールは食品で摂るかサプリで摂るか、どちらが効果的?

>>>知らないともったいないエクオールの男性に対する効果

>>>更年期の中年太り・・・エクオールに解消できるのか?

>>>エクオールとイソフラボン、どう違うの?の疑問を整理してみました

>>>更年期 エクオールの老化防止効果がすごい!

>>>AMC社のエクオールを飲み続けて1年になる熟女

>>>エクオールはどのサプリメントで摂りましょう?~大塚製薬エクエルか、AMC社のエクオールサプリか

 

更年期障害 サプリメント

⇒トップページへ

 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ