更年期障害(生理不順・ホットフラッシュ)体験談‐148

更年期障害(生理不順・ホットフラッシュ)の方の体験談です。


 

私は44歳くらいから生理の期間が3日程に短くなり、だんだん周期が2か月に1度くらいと長くなりました。

 

45歳になって、今度は生理が1か月ほど続くようになり婦人科を受診。先生の勧めで子宮がん検診を受けましたが陰性でした。

 

ホルモン剤を処方してもらいすぐに正常に戻りましたが、また半年後に同じように生理が1か月続き、もう一度ホルモン剤をもらい正常に戻りました。

 

しかし、この繰り返しになるのが怖かったので、先生に漢方薬について相談したところ、漢方は効く人と全く効かない人がいるけど希望するならやってみようということになり、「桂枝茯苓丸」を処方されました。

 

更年期障害 漢方

 

とても飲みやすく、飲むと気持も楽になる気がしました。

 

その後、一か月間続く生理は正常に治りましたが、生理の周期が半年に1回になり、同時に更年期障害のような症状(ホットフラシュ)が始まりました。

 

一日に5から7回ほど、熱が急に上がるような症状があり、同時に顔と頭皮からどっと汗をかきます。

 

体温計で熱をはかると平熱なんです。

 

この、ホットフラッシュは自分ではコントロール出来ないので、ひたすら収まるのを待つのですが、夏はその度に着替えをしました。冬でもタオルで汗をぬぐうことが必要です。

 

不思議ですが、外出中や他人と対面している時はあまりひどいホットフラッシュは起きません。

 

仕事をしているほうが更年期障害は楽だと言うのはそのような点かもしれません。

 

更年期障害 ホットフラッシュ 多汗

 

更年期障害はホットフラッシュだけでなく、冷えや肩こり、頭痛など様々な症状が人それぞれあると聞きましたが、私は幸いホットフラッシュだけで今のところ収まっています。

 

それは桂枝茯苓丸を服用しているからかもしれません。

 

ほかに気を付けていることは、毎日少しでも体を動かすこと。私は犬の散歩を朝晩しています。

 

そして、楽しい毎日を送るように『努力』をすること。この努力が大切だと思います。

 

ネガティブな発言をしない、家族が笑っていられるような空気をつくる等、私は努力をしています。

 

そして、友人同士で正解かどうかわからない更年期障害の対処法について話をしないことも大切です。

 

それより、なんでも素直に質問ができて、それを聞いて下さる婦人科の先生に巡り遭うことのほうが何十倍も心強いですし、精神的にとても楽になると思います。

 

友人の前では爽やかな顔をして、病院では何でも素直に先生に相談する、それが一番だと思います。

 

私は先生から「更年期は誰でも通る道、うまく付き合っていきましょう」と言われ、あまり心配せずに人生の1ページだと思って、この時期を過ごしています。

 

更年期障害 40代50代 (Olive様 40代後半)


 

更年期障害とうまく付き合うためには、楽しい毎日を送るようにすることが大事ですね。
少しでも辛い症状を緩和させられるよう、サプリなど併用すると良いかもしれませんね。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>更年期障害(不安感)体験談‐147

>>>更年期障害(体中が痛い、倦怠感、気分の落ち込み、冷え)体験談‐146

>>>更年期障害(10年かかりました)体験談‐145

>>>更年期障害(始まりはこんな感じ)体験談‐144

>>>更年期障害(だるい、集中力低下、冷え)体験談‐109~143

>>>更年期障害・体験談-1~86

 

* 使ってみて良かったサプリランキング *

 

⇒トップページへ

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ