更年期障害 (多汗・のぼせ・動悸・悪寒・体調不良)・・・体験談‐150

更年期障害(多汗・のぼせ・動悸・悪寒・体調不良)の方の体験談です。


 

私が一年通してヒヤヒヤな汗をかいているのは、ストレスからくる自律神経の病気ではないかと疑ったんです。

 

運動しているわけでは無いのに、急に胸がドキドキしたり、足元からざわざわと悪寒が走ったりと、二年前の49才の頃から体調に異変を感じていました。

 

友人からは更年期ではないか?と、色々情報を頂いて薬局からツムラの漢方薬を購入して、あれこれ試したり命の母を知人から勧められて飲んだりしていましたが、目に見えた効果は残念ながら私の場合は感じられませんでした。

やはり、自律神経失調症なのか?と、インターネットをwebして調べてはマイナス思考になっていました。

 

月経は毎月定期的に来ていたので、更年期障害の一つの症状とは思えなかったのです。

 

心配が不眠になり生活が乱れて、顔色がくすみ疲れた容姿になる等、耐え難い悪循環を引き起こしていました。 

 

50才を迎えた昨年の平成27年に、節目健診で乳ガンの検査を受けました。

 

私は病院に行くのが億劫な性格で、健康に対して向き合うタイプではなかったのですが、マスコミや雑誌に芸能人の亡くなる一面記事を拝見すると検査に行こう、と思えたのです。

 

結果は”異常なし”との事で、ひとまず安心しました。

 

次に子宮の検査をしようかと、自分の体に責任感が出始めました。勢いがついたところで、婦人科に予約をし子宮の検査を受けました。

 

小さなポリープは発見されたものの、悪性では無いという事で今でも経過監察中です。

 

 

通院している婦人科のドクターに、のぼせや胸のドキドキを相談出来たのは、子宮の検査を受けてから3ヶ月後の事でした。

 

「月経が定期的に来ている事で、ハッキリと更年期障害とは言えないけれど、女性ホルモンの減少は加齢と共にあるでしょう。

子宮がまだ弾力がありますから、閉経までにはもう少しかかるかもしれませんよ。」

 

と、話がありました。この医師からの言葉に安堵を感じられました。

 

そんなタイミングで家の近くに24時間運営のスポーツジムがオープンされ、私の興味をそそりました。

 

運動は嫌いではなかったので、不眠が改善されるかしら?と、軽い気持ちで入会しました。

 

月の会費も一万円以下でお手頃です。24時間いつでも自分の都合で汗をながせるのは通わなくちゃ、というストレスを感じないで運動を続ける理由になっています。

 

今年平成28年夏は、相変わらずの猛暑でしたが、ジョギングを初めました。

 

更年期障害ののぼせや急な発汗、胸のドキドキは気がつけばありません。

 

人それぞれかも知れませんが、私は運動で更年期障害が軽減されていると思います。

 

更年期障害 40代50代 (笑み様 52歳)


 

私たちの年齢になると、乳がん・子宮がんなどの婦人科検診は大事ですよね。

それに、中性脂肪やコレステロール値が高くなると、心筋梗塞などのリスクが高くなるので気を付けなければいけません。

それに加え、体のあちこちにガタが来てしまいますが、年齢と共に皆さんなるんですから・・・とこの前内科の先生に言われました。

骨も弱くなってきますので、健康管理をしっかりとしなければいけませんね。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>更年期障害(更年期真っ只中・こうやって閉経していく)体験談‐149

>>>更年期障害(生理不順・ホットフラッシュ)体験談‐148

>>>更年期障害(不安感)体験談‐147

>>>更年期障害(体中が痛い、倦怠感、気分の落ち込み、冷え)体験談‐146

>>>更年期障害(10年かかりました)体験談‐109~145

>>>更年期障害・体験談-1~86

 

更年期障害 サプリメント

⇒トップページへ

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ