更年期障害 (めまい、関節痛、ほてり、イライラ)・・・体験談‐151

更年期障害(めまい、関節痛、ほてり、イライラ)の方の体験談です。


 

まだ40代半ばになったばかりの私は、更年期障害がいつ自分に訪れるかなんてわからないまま、ママ友の体験談を他人事のように聞いていました。

 

「指の関節が痛い。」「急に暑くなって困るから、真冬でも半袖になれるように考えて、重ね着をしている。」「閉経時には生理周期に関係なく大量の出血があって、普通のナプキンでは間に合わない。」等々、身体の不調で精神的にバランスが崩れるから、余計にイライラすると話していました。

 

 

そんな話を聞いていても、私は子育て中でイライラすることも日常茶飯事でしたので、更年期障害と結びつけることはしませんでした。

 

そこが落とし穴だったのです。

 

夏のある日、脇の下にズキンズキンと強烈な痛みが襲ってきました。

 

まるで先のとがった鉛筆を刺されたようでした。

 

しばらくすると、脇の下には段々赤い湿疹が出てきました。

 

皮膚科に行くと、帯状疱疹と診断され、先生にはストレスと加齢によるものと言われました。

 

そして3ヶ月後、今度はメニエール病を発病しました。

 

真夜中にグルグル目が回り、立つこともままならないという症状でした。これもストレスと加齢と言われショックでした。

その年の冬のことです。指の関節が痛み出し、整形外科に行きました。

 

診断は加齢でホルモンバランスが崩れたことによる関節痛でした。ホルモン剤を処方され、随分長く飲み続けました。

 

ここまできてやっと、更年期障害だと感じ始めました。

 

真冬なのに薄着になりたくなる暑さを理解し、生理が周期通りに来ず、喉がやたらと乾くのです。症状は今もまだ続いています。

 

思い返せばイライラも更年期障害の兆候だったのかもしれません。

 

もっと自分の体調と向き合い、ゆったりと、静かな時間を過ごすように心掛けていれば、次々と発病しなくて済んだかもしれないと思っています。

更年期障害 40代50代 (anan 様 40代半ば)


 

確かに、日常生活でイライラすることっていろいろありますからねー。(特に子育てをしていると)

私も以前よりイライラしているな~と感じます。

特に、旦那に(-_-#)

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>更年期障害(多汗・のぼせ・動悸・悪寒・体調不良)・・・体験談‐150

>>>更年期障害(更年期真っ只中・こうやって閉経していく)体験談‐149

>>>更年期障害(生理不順・ホットフラッシュ)体験談‐148

>>>更年期障害(不安感)体験談‐147

>>>更年期障害(体中が痛い、倦怠感、気分の落ち込み、冷え)体験談109‐146

>>>更年期障害・体験談-1~86

 

更年期障害 サプリメント

⇒トップページへ

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ