更年期障害(ホットフラッシュを改善する方法)・・・体験談‐155

ある年齢に達した女性に訪れるのが更年期障害です。

 

更年期障害は個人差があって、重い人から全く感じずに通過してしまう人まで様々です。

 

私の場合は重度ではありませんが、よく皆さんが経験されている、ホットフラッシュに少々悩まされています。

 

突然何の前触れもなく、カーッと顔が熱くなって酷い時は発汗もあります。

 

 

このホットフラッシュは、更年期障害の特有の症状のようです。

 

女性ホルモンの減少で自律神経が乱れる事により起こる症状のようです。

 

私はその様な症状になったときは、大きく深呼吸をするようにしています。深呼吸する事で若干気持ちが落ち着いてくるからです。

 

どうしてもホットフラッシュになると顔に汗が噴き出るのではないか、身体も汗臭くならないかと焦ってしまいます。

 

焦ると余計に汗が出てくるので、まずは落ち着く事を心掛けています。

 

 

また、突然の汗にも対応出来るように、常にハンカチは2枚用意しています。

 

また、ホットフラッシュになるようになってからは足がむくんだり、つりやすくなりました。

 

特に寝ている時に足が冷たくなって目が覚めたり、突然つってジタバタと苦しむ事が本当に多くなりました。

 

ホットフラッシュの予防には冷えを防いだり血行を良くすると効果的と聞いたので、半身浴を始めてみました。

 

適度な運動の必要性も感じてジムで有酸素運動もしています。

 

そのようなちょっとした心掛けで、ホットフラッシュも大分楽になってきたように思います。

 

更年期障害があると外出も二の足を踏んでしまって、家にばかり閉じこもりがちです。

 

しかしホットフラッシュを気にせず、外に出る事によって気持ち的にも明るくなり、更年期障害も軽くなってくるような気がしています。

 

今は万が一の時の準備は忘れずに、積極的に外出をしたり身体を動かして楽しんでいます。

 

更年期障害を乗り切るには前向きな気持ちが大切のようです。

 

更年期障害 40代50代 ( Sora様 50代前半)


 

人は、〇〇になってはダメだ!と思う(意識を向ける)と、どんどんそういう風になってしまうものですからね。
顔に汗が噴き出るのではないかと心配するのではなく、深呼吸をするというのは良い方法ですね。

当サイトで何度も体験談で掲載させていただいていますが、本当に、運動は大切ですね・・・。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>更年期障害(42歳 めまい、吐き気)・・・体験談‐153

>>>更年期障害を明るく乗り越えた方の体験談‐152

>>>更年期障害((めまい、関節痛、ほてり、イライラ)体験談‐151

>>>更年期障害(多汗・のぼせ・動悸・悪寒・体調不良)・・・体験談‐150

>>>更年期障害(更年期真っ只中・こうやって閉経していく)体験談‐109~149

>>>更年期障害・体験談-1~86

 

更年期障害 サプリメント

⇒トップページへ

 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ