【今話題のエクオール】・更年期、少なくなったエストロゲンを補う一番確実な方法とは?

更年期障害に悩む女性が積極的に食べたい食品といえば、大豆です。

 

大豆に含まれるポリフェノールである大豆イソフラボンが、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをするため、年齢を重ねて女性ホルモンの分泌量が減ってきた更年期の女性に、大豆がとても効果的だといわれてきました。

 

実は近年はさらに研究が進み、大豆が更年期障害に効果的なのは、エクオールという物質と関係があるということがわかりました。

 

 

私たちが大豆を食べると、大豆に含まれる大豆イソフラボンが腸内の細菌によって、エクオールという物質に生まれ変わります。

 

これが女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをするため、更年期障害の症状を改善する効果があるのです。

 

腸内でエクオールを創りだす細菌は、およそ15種類ほどあり、ラクトコッカス20-92という乳酸菌などが確認されています。

 

女性は更年期になると女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減り、その影響で自律神経がうまく働くなくなると同時に、不安やイライラなどの精神的な症状も強くなります。

 

主な更年期の症状にはのぼせやほてり、汗をかく、冷え性になる、眠れない、動悸や耳鳴り、頭痛、めまいといった自律神経が失調して起こる症状があります。

 

 

このほか精神的な症状として、やる気がなくなる、わけもなく不安になる、憂鬱な気分になる、記憶力が衰えるといった症状も現れます。

 

さらに日本の女性に多い症状が、肩こりです。

 

このような症状を改善するためには、少なくなったエストロゲンを補うのが一番です。

 

そのために今最も注目されているのが、更年期障害に効果があるエクオールなのです。

 

体内のエクオールの量が多い人は、これらの更年期障害の症状が軽いと報告されています。

 

エクオールは40代、50代の女性に、その効果をもっとも発揮する栄養成分といえるでしょう。

 

体内でエクオールが作り出せる人と作り出せない人がいます。

 

効果的にエクオールを体内に生産するためには、エクオールをサプリメントで摂るのが、一番確実です。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>更年期には、エクオールサプリよりも納豆を食べればいいんですか?

>>>更年期障害でお悩みの方は、「エクオール」を試してみては?

>>>エクオールは食品で摂るかサプリで摂るか、どちらが効果的?

>>>知らないともったいないエクオールの男性に対する効果

>>>更年期の中年太り・・・エクオールに解消できるのか?

>>>更年期 エクオールの老化防止効果がすごい!

>>>AMC社のエクオールを飲み続けて1年になる熟女

>>>エクオールはどのサプリメントで摂りましょう?~大塚製薬エクエルか、AMC社のエクオールサプリか

 

更年期障害 サプリメント

⇒トップページへ

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ