更年期障害(イライラ、多汗、のぼせ、睡眠障害)体験談‐158

更年期障害(イライラ、多汗、のぼせ、睡眠障害)の方の体験談です。


 

私の更年期障害は50代になったのと同時期にはじまりました。

 

当時は、まさか自分が更年期を迎えているとは全く気が付かずにいたんです。

 

ただ、とにかく毎日イライラ!
特に夫に対してはイライラがとまりませんでした。

 

夫の体臭が異常に気になったり、ちょっとした言動に腹がたったり…。
 
 

 

他にも体調の変化を感じてはいたのですが、毎日のストレスのせいだと考えていたんです。

 

というのも当時は、ちょうど実父の介護におわれているときでした。

 

他にも娘の進学や結婚もありました。
私自身の仕事もありましたし、とにかく忙しい毎日でしたから。

 

多少体調が悪くても、ストレスや疲れなのかな、とあまり深刻に考えていなかったんです。

 

でも、イライラは加速!
いつも実父の介護を手伝ってくれる、優しい夫のパジャマを見るだけでもイライラするようになってしまいました。

 

涼しい部屋で私だけ汗をかいていたり、頭がのぼせたり。

 

そんな症状がはっきりと目立つようになりました。

 

ひどい時には眠れないことも。

 

 

でも、月経リズムに大きな変化がなかったこともあって、更年期だとは思わなかったんですよね。

 

もし、きちんと更年期障害だと気づくことができていたら、私の更年期はもっと楽なものになっていたと思います。

 

そんな私が更年期障害についてはじめて思い当たったは、乳がん検診の為におとずれたクリニックででした。

 

クリニックの壁に貼ってあったポスターを偶然見た私。

 

チェックリストを確認して、初めて「あ!私、更年期障害だったんだ!」と確信しました。

 

既に更年期障害の症状が出て2年ほどが経過。少しずつ症状も落ち着いてきた時期でした。

 

医師に相談すると、私のように更年期障害の症状に苦しみながらも更年期障害だと気づかない方は多いのだとか

 

症状がおさまっていたこともあって、薬物療法などの積極的な治療は行いませんでした。

 

女性が更年期障害を迎える時期は、ライフスタイルの大きな変化がある時期ですよね。

 

 

両親の介護や子どもが巣立ったりと、環境の変化も大きいです。

 

そういう時期だからこそ、自分自身の体をいたわる時間をもつことが大切だと振り返って思います。 

 

更年期障害 40代50代 (Yoko-P様 50代前半)

 

更年期障害と気づかずに苦しんでいる人は多いのですね!

気づかないうちに過ぎ去るなら良いのですけどね・・・。

更年期障害と分かったら、サプリや漢方を活用して可能な限り快適に過ごせるよう、アンテナを張るのは大事ですね。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>更年期障害(ホットフラッシュ、イライラ、めまい、漢方薬)・・・体験談-157

>>>更年期障害(イライラ、気分の落ち込み、疲労感)・・・体験談‐156

>>>更年期障害(ホットフラッシュを改善する方法)・・・体験談‐155

>>>更年期障害(疲労感、だるさ、冷え)・・・体験談‐154

>>>更年期障害(42歳 めまい、吐き気)・・・体験談‐109~153

>>>更年期障害・体験談-1~86

 

更年期障害 サプリメント

⇒トップページへ

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ