更年期障害(ホルモン治療で体温が49.3度、血圧が170に!)体験談‐159

私の場合は、早い時期から本当に色々な更年期障害に悩まされ、今もその真っ只中にいます。

 

年齢としては37歳頃から、肩こりやイライラ、不眠が始まりました。

 

44歳頃から生理不順になりました。

 

本格的にこれは更年期障害に違いないと思ったのは、生理の予定頃になるとどうしようもない不安感に襲われ、とにかくどこが悪いと説明は出来ないのですが、だるくて頭も重くて何もかも嫌になる感じでした。

 

毎回生理時は過多月経でした。

 

 

病院を訪れたのは43歳の頃、生理が10日以上終わらなく、次から次へと経血の塊がボコボコと出て来て怖くなり、診察を受けると無排卵月経と診断されました。

 

その時は低用量ピルを飲んでどうにか収まったのですが、相変わらず過多出血は続き、47歳の時に、生理がある内は筋腫も育ってしまうのでホルモン注射を打って、生理が上がるのを早めてみましょう言と言われました。

 

いわゆる、「逃げ」と言う治療です。
軽い考えで同意しましたが、その後が大変でした。

 

注射を打った日の夜に何だか寒気がして、体温を測ると何と49・3度しかありませんでした。

 

そのままとにかく安静にしていたのですが、今度は顔が燃えるように熱くなり、血圧が170を超えてしまい、急いで診察を受け、とにかく注射の成分が早く体から抜けるように点滴を打ち、どうにか症状は治まりました。

 

 

でもその時医師に言われた事は、私の女性ホルモンが思ったよりも多く出ていて、生理を無理に止めようとしたために、強い副作用が出たとの事でした。

 

あらかじめホルモン数値は測ってあったのですが、体の反応が予想より強かったらしいです。

 

そんな事もあり、結局今後は自然に任せましょうと言われ、再度、更年期障害との付き合いが始まりました。

 

生理が終われば更年期障害は治まるという訳ではなく、更に強くなるのかもしれませんが、せめて生理の辛さだけでもなくなれば、と思い焦って注射をしたことは後悔しましたが。

 

もう、ジタバタしても女性に産まれた以上は何らかの不調はまだまだ、続くのでしょう。

 

仕方ないですね、と今では受け入れいています。

 

更年期障害 40代50代 (ジャスミン様 50代前半)

 

大変な思いをされたのですね・・・。ホルモン治療も安全ではないケースが。

体質とはいえ、何かもう少し楽になる方法は無いのでしょうか。

更年期障害のブログを運営していて、つくづく思います。

今後もいろいろと探求してまいります。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>更年期障害(イライラ、多汗、のぼせ、睡眠障害)・・・体験談‐158

>>>更年期障害(ホットフラッシュ、イライラ、めまい、漢方薬)・・・体験談-157

>>>更年期障害(イライラ、気分の落ち込み、疲労感)・・・体験談‐156

>>>更年期障害(ホットフラッシュを改善する方法)・・・体験談‐155

>>>更年期障害(疲労感、だるさ、冷え)・・・体験談‐109~154

>>>更年期障害・体験談-1~86

 

更年期障害 サプリメント

⇒トップページへ

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ