更年期(ほてり、発汗、怒りっぽい)体験談-⑫

更年期のほてり、発汗、怒りっぽいなどの症状を克服された方の体験談をお聞きしました。

今現在更年期障害です。

始まったのはいくつくらいかはあまり覚えていませんが、
3.4年前に夫から「怒りっぽくなったね」と言われた頃から
始まってのではないかと思っています。

1年ほど前から火照りや汗をかくなどの自覚症状が出て来たので、
自分でも更年期障害だと思うようになりました。
通院はしていませんし、薬やサプリメントも飲んでいません。

元々平熱が極端に低く、汗が余り出る体質ではなかったため、
汗が出ることをプラスに考えることにしました。

汗が出始めたら体を動かして、より一層汗が出るように運動をしたり
岩盤浴に行くようにしています。

更年期の汗はいい汗ではありませんが、
運動をしたり岩盤浴をすると汗の種類が良い汗に変わります。

更年期障害の汗は乾いた後不快感がありますが、
このようにかいた汗は乾いた後には爽快感があり、
身体がスッと軽くなる感じがします。
ストレスの解消も同時に出来るのが私にはあっているようです。

また、更年期障害の症状が出ても気にしないことにしています。

家族には「更年期障害の症状が出ているんだよ。」と言いながら
笑い飛ばすようにしています。

「だから今日は手抜き料理。ごめんね。」と明るく言ったりすると
家族もわかってくれて何も言いません。

開き直るのではなくてあくまでも冗談ぽく明るくしゃべるようにしています。

数年前に「この頃怒りっぽくなったね」と言っていた夫も
更年期の症状が出ている時にも明るく振る舞う私を見て、
ちょっとの事で切れても何も言わなくなり、
放って置いてくれるようになりました。

私にとって更年期障害の症状が出る時は、ストレスとリンクする時が多いので、
なるべくストレスを溜めないことと、ストレスが溜まったら
うまく解消をすることに気をつけて生活をしています。

更年期の時期は家族のケアも大切ですから、
家族が不快にならずに自分のストレスを溜めない方法を
自分で探って行くしかないと思います。

user2(A.Oさん 50代)

 
更年期を明るく乗り切っていますね!
気持ちの持ちようは大事になってきますよね。

”運動をしたり岩盤浴をすると汗の種類が良い汗に変わります”とは、
とても前向きで良いですよね。
見習いたいです(^_^)

118.152.95.6676112

 

トップページへ

 

 

 

 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ