更年期(倦怠感、体の不調)体験談 -⑮

更年期の症状(倦怠感、体の不調)を克服された方の体験談です。

私が更年期障害を意識するようになったのは40歳をすぎてからでした。

其のころ、今までには感じないような倦怠感や体の不調を抱え、
顔も急に老け込んできたのです。

201335168290

おまけに気持ちも塞ぎがちで仕事も失敗続きでした。
今まで無かったような事が次々とおこり、いったいどうしたのだろうかと
不安を感じました。

でも心の奥ではふと、
もしかして更年期障害なのではと思っていたのです。

しかし人にさりげなく聞いてみると、普通その年齢では早いよと
言われました。

私自身も、まさか40歳ぐらいで更年期障害だとは
認めたくはありませんでしたので、心の中で打ち消してしまいました。

このままではいけないと、何か運動でもしようかなと思い
軽いウォーキングを開始したのですが、
5分位もすると動悸とめまいがおき、急に汗までどっとでてきてしまい、
すわりこんでしまいました。

そんなある日、たまたま眼科に行った時の事です。
なじみの眼科医に、もしかしたら少し早いかもしれないけど
更年期障害なのではないかしらと言われたのです。

私は正直むっとしてしまいました。
なぜか素直に認めたくなかったのです。
でも、もともと心の中にあったもやもやの謎が
溶けたみたいな感じになりました。

病院に行こうとおもったのですが、取りあえずその前に
インターネット上で見つけた、更年期障害に効果があるという
 白井田七というサプリメントのことを思い出し、
さっそく注文してみました。

そしてそのサプリが届いて、早速飲みはじめたのです。
効果は意外に早くありました。

飲んで次の朝、すぐぱっとおきられたのです。

これには驚きました。
だってもうしばらくの間、朝は具合が悪くて、
どうしても起きられなくなっていたからです。

そして勇気をだして散歩をしてみたら前よりも元気に歩けます。
めまいも動機もしませんでした。

本当に調子が悪かっただけに、このサプリの効果は間違いなかったと
思いました。

あれから1年以上飲んでいます。
体調は前とは比べものにならない程に変わりました。

それにしても、なぜ更年期障害かもと言われて
むっときてしまったのでしょうか。

現実から目をそらしてもなにもいい事はない。
あるがままに自分の体を受け入れなければ
自分が損をすると今では思っています。

(40代 S.Mさん)

 
更年期障害に好評の、白井田七ですね。
体調が快適に過ごせるのが一番ですね!

白井田七の詳しい情報はこちらにも
↓ ↓ ↓

118.152.95.112312

 

トップページへ

 

 

 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ